外観

物件データ

所在地
東京都杉並区松ノ木3丁目
交 通
丸ノ内線「新高円寺」駅 徒歩6分
構 造
木造
規 模
地上2階建て 4世帯
延床面積
110.86m2
竣 工
2015年3月下旬
物件種別
賃貸アパート

ポイント

三角形の敷地形状に合わせた建物配置
交通量の多い道路の安全対策
デットスペースの有効利用

東関森稲荷神社移転に伴う跡地の有効活用

住む方の安全な出入にも配慮

住宅街の中にひっそりと佇む石の鳥居、長い間住む人に親しまれた東関森稲荷神社が今回の計画地でした。老朽化により移転する事となり、跡地の有効活用として今回の長屋をご提案しました。近隣の街並みになじむよう白を基調に、淡い黄色を差し色として全体的にナチュラルな外観にまとめました。また、前面道路は決して広くはありませんが、車の交通量がとても多い道路なので住む人が極力安全に出入りできるように配慮しました。

室内は、クリーンな白を基調として、明るい木調の建具をアクセントカラーに柔らかい印象でまとめました。住宅設備も基本白で統一し、唯一無機質になりがちなユニットバスには淡く爽やかな雰囲気をかもし出すパラレルグリーンを採用しました。

※画像をクリックすると拡大画面がご覧いただけます。

エントランス

ネームプレート

夜景

担当者から一口メモ
企画設計部
三角形の敷地をいかに効率的に利用できるか考えた時に、建物も同じように三角形にすれば、と配置を検討しました。どうしても出来てしまうデットスペースは駐輪場やゴミ置場として利用し、敷地全体を有効活用しました。